全自動煎餅焼成機
小型煎餅焼成機

全自動煎餅焼成機

全自動煎餅焼成機 [TS-AUTO-SERIES]

製品について

本機は製菓食品機械の“山田製作所”が長年の経験と技術、研究により開発された 自動せんべい焼成機です。
手焼きの風味を生みだし、生地の充填から焼印・取出し・ 豆装置・成形までの一貫生産“せんべい”ラインです。
また、弊社 生地送りローラー付充填機をドッキングすれば厚焼き(クッキー)生地の 商品も生産でき、さらに多種多様な商品に対応できます。
オプション装置:豆トッピング装置 焼印装置 曲げ装置 つまみ装置 巻き装置など

全自動煎餅焼成機

製品特長

ただ「焼く」から複雑な工程の追加も

弊社の機械の特徴は、充填した生地をただ押し伸ばして焼くだけではなく、焼印装置でマークや名前を入れたり、豆や花などの飾りをのせたり、しょうがせんべいのように真ん中をつまんで成形したりと、さまざまな工程をオプションで追加できることです。基本の焼型を変え、ハート型やネコ型のせんべいにすることも思いのままですし、曲げ装置、つまみ装置、巻き装置などを追加することで、形を創意工夫することができ、いくらでもバリエーションをもたせることが可能です。焼き印や飾りのアレンジ次第で多種多様なオリジナル商品の製造がこれ一台で叶います。

特長1

創業時からの型の技術が生きています

全自動せんべい焼成機を使用したせんべいの製造でも、大切なのはやはり焼型。弊社の焼型は高精度で、繊細な形でもきちんと型が抜けて生地からはがれやすく、型抜き後の耳の処理も簡単。また弊社のせんべい焼成機は厚焼きが得意ですので、ナッツ類など具材が入った生地も得意。生地送りローラー付充填機をドッキングすることで、クッキーの焼成も可能です。せんべい焼成機は手焼きの焼き型から事業を興した弊社の、伝統的な製品のひとつです。 以前は型の製作には鋳型を使用しておりましたが、現在はコンピューターで削り出しをしております。スピーディに型を作れることで機械の納期も短縮でき、お客さまにも好評です。

特長2

手焼きの風合いを出すための火加減と時間

焼き加減のほうも技術の研鑽をし、機械焼でありながら手焼の風味を生み出しています。熱源はLPGや都市ガスを利用し、設定温度や焼成時間は貴社製品をそのまま再現できるよう、試作を繰り返してベストを探します。せんべいは、生地を型ではさんで焼きますので炎は直火ではありません。焼目をつけたいときは別途ご相談ください。焼き加減の確認には温度計がついており、常に管理ができるようになっています。手焼きの場合、早く焼こうと強火で焼くと焦がすので頻繁にひっくり返しながらも焦らずじっくり焼いていきます。機械焼きでも同じことを再現しますので、焼時間やひっくり返す回数は生地の厚みや具材によって異なります。お客さまの焼成時間に応じたラインづくりを一から組み立てていきます。

特長3

製品仕様

全自動煎餅焼成機 [TS-AUTO-SERIES]

機械寸法 2,800~4,500(L)×2,000(W)×1,350(H)mm/mm
※仕様によって変わります
焼型取付数 25丁~50丁掛
焼型寸法 200×250mm/mm,105×300~350mm/mm
能力 1,200~3,000枚/時(4ッ盛時)
熱源 LPG 都市ガス
動力 三相 200V 1.0kw(別途コンプレッサー必要)

小型せんべい焼成機 [TS-8 / TS-10 / TS-12]

製品について

瓦煎餅やパピロ、玉子煎餅、薄物など多品種、小ロッド生産には最適の焼成機です。
また、多彩なオプションパーツにより後工程の省人化にもお役に立てます。

オプション装置:焼印装置 豆トッピング装置 生地自動供給ポンプ

小型煎餅焼成機

製品特長

多品種の生産が可能

うすいものや多品種、ロッドの少ない生産に対応する小型機もございます。こちらもオプションパーツが多彩で、後の工程での省人化が可能になります。

特長1

小型煎餅焼成機 [TS-8 / TS-10 / TS-12]

機械寸法 1800(L)×1600(W)×1400(H)
※仕様によって変更になります
焼型取付数 [TS-8]:8丁掛
[TS-10]:10丁掛
[TS-12]:12丁掛
焼型寸法 [TS-8]:180~330mm角
[TS-10]:180~240mm角
[TS-12]:180~210mm角
熱源 LPG 都市ガス
動力 [TS-8]:三相200V 0.2kw
[TS-10]:三相200V 0.4kw
[TS-12]:三相200V 0.4kw
※別途コンプレッサーが必要な場合があります
製品パンフレットダウンロードはこちら