クレープ焼成機

クレープ焼成機

クレープ焼成機 [CR-20]

製品について

クレープ、玉子シートなど極薄の生地を自動的に焼き上げる“クレープ焼成機”です。
薄物生地は、焼成はもとより生地充填・生地のばしに至るまで熟練した技術を要しますが、“クレープ焼成機”で、どなたでも簡単に薄物生地を焼いて頂けます。
シリーズ機種の“CR-2”は小型で実演用、省ロッドに最適です。

クレープ焼成機

製品特長

極薄な生地を、どなたでも簡単に

クレープ焼成機は、ガス式とIH式があり、現場に応じて使い分けができます。どちらも1時間に600~800枚を製造可能。機械で生地を充填して伸ばし、極薄の生地を焼くのは技術的に高度なのですが、山田製作所は、培ってきた技術力をもとに、よりよい製品をつくるためのトライアンドエラーを繰り返すことで実現。どなたにもプロの味で焼けると、国内および、ファーストフードに目のないニューヨークの企業さまにも好評です。

特長1

ガス式焼成機でしっとりと焼き上げ

ガス焼きは、そのものに水分が含まれますので、生地のしっとり感がでます。クレープやミルクレープなど、クリームを使用しもっちりした食感の製菓を作りたいときにはガス式がお勧めです。

特長2

製品仕様

クレープ焼成機 [CR-20]

機械寸法 4,300(L)
1,350(W)
950(H)
※仕様によって変わります
焼型取付数 20丁
焼型寸法 150φ~210φ
能力 600枚/時
熱源 フロパン/都市ガス ガス消費量65,000kcal
電熱/IH 200V 30kw
動力 三相 200V 1.0kw

クレープ焼成機 [CR-2]

製品について

人気のクレープ商品を簡単・キレイに焼き上げることができる“クレープ焼成機” です。むずかしかった生地のばしの手間なく、「誰にでも簡単に!」を可能にします。 店舗実演・少量生産・省スペース化などに最適なコンパクト機です。

クレープ焼成機

製品特長

場所を選ばない小型機タイプ 1時間に50~60枚を焼き上げます

1時間に50~60枚程度焼くことができます。店舗での実演販売、少量生産に向く、省スペースなコンパクトタイプです。

特長1

クレープ焼成機 [CR-2]

機械寸法 700(L)×800(W)×850(H)
※焼き型面高さ
焼型取付数 2枚
焼型寸法 210~240φ
熱源 電気
電気式うずまきヒーター仕様:200V 3KW

クレープ焼成機 [IH仕様]

製品について

IHで環境に優しいモデルです。

クレープ焼成機

製品特長

現場の声から生まれた「IH焼成機」

新製品としてIHの焼成機も製作しています。電磁波で焼きますから、工場内に熱がこもることなく、作業者の皆さんの負担が軽減できます。鉄板以外の部分が熱くなりませんので、事故が起こることもなく、二酸化炭素排出がゼロで、エアコンも使えます。「熱くない焼成機があったら…」という現場の声から生まれました。

特長1
製品パンフレットダウンロードはこちら